1. TOP
  2. 婚活の目的をはっきりさせる 男性編

婚活の目的をはっきりさせる 男性編

シニア向け結婚相談所

近年、中高年の婚活は密かなブーム。
でも、いいかげんな気持ちで婚活を始めると、後で痛い目に遭ってしまうこともあるかもしれません。
若い男女とは異なり、今までの人生に様々な経験を積んできている中高年世代。それぞれが婚活に対する目的が異なる場合だってあります。もし良いお相手に巡り合えても、お互い目的が違うと、すれ違うことになりかねません。
ここでは一度初心に戻って「なぜ婚活をするのか」という根本的な目的を再認識してみましょう。男性向けにお届けします。

そもそも中高年で婚活する意味って?

そもそも中高年で婚活する意味って?

多くの方は「パートナーが欲しい」と考えます。

「一人では寂しい」。
中高年の男性で婚活をする方の多くはこう感じている方が多いようです。若い頃は自分で稼げたし動けたし、一人でいることに不安なんて感じなかったはず。
しかし、中高年になってくるとそうはいかなくなります。
そんな時、多くの方は「パートナーが欲しい」と考えます。男性同士の交流は、それはそれで楽しいけれど、やはり女性は心の拠り所です。そこで、新しくパートナーを見つけることは人生時おいて一大イベント。 安易に考えず、まず自分がパートナーを得てどうしたいのか、考えてみましょう。

結婚を最終的なゴールに見据えているかどうか

まず肝心なのは「結婚」を最終目標としているかです。

結婚とは法律的に夫婦となる事ですから、様々な責任が伴います。子供のこと、遺産のこと・・・。若いカップルならば、これから二人で作り上げていくことですが、中高年になると既にそれぞれの事象が存在している場合があります。目的が結婚ならば、あとあと問題になりそうなことがあればそれらを整理しておく必要があります。

気楽に友達止まりが良い場合だってある

中高年は結婚という形にこだわらなくても良い場合だってあります。お互いに今までのお相手や親戚・子供の事を考えると、あえて「お付き合い」止まりの方が良い場合だってあることでしょう。
目的が友達以上夫婦未満の異性のパートナーが欲しいのであれば、あえて「結婚」と言う形にこだわらない方がお互いのため、というケースだってあり得ます。

今までの家族の理解が得られるかも肝心

中高年になると様々な事情で今までの家族から結婚を反対されることもあるでしょう。
それは、子供は父親の特徴を良く捉えていからではないでしょうか。なぜ、反対されるのか、別に父親が嫌いで言っているのでありあせん。性格・値観感・女性の見かた・・・さまざまな事を総合的に判断して、自分の事を思って言ってくれるのです。そんな意見には必ず耳を傾け、「反対されているけれども、結婚したい」理由をきちんと頭の中でまとめ、納得してもらう必要があります。

今までの自分の人生を更に広げる

長い人生の中で、離婚や死別を経験していたり、独身のままこの年齢になってしまったりなど、理由は人それぞれです。今までの人生を否定せずに新しい出会いを求めていくのも大切。新しい出会いまたは結婚までの婚活の目的が「過去から現在の自分」をさらに広げる方向に持っていけることが理想となるでしょう。

男性の場合、女性に家事と介護を求めて婚活するのは失礼

気を付けなければならないのは、パートナーに求めるものが「家事」や「介護」になっている場合。
シニア層の女性は、日々家事や介護に追われる人生を望んではいません。そういう目的で婚活するのならば、やめておきましょう。公的機関やサービスを利用しましょう。

女性の婚活目的を理解しましょう

男性の場合、まだまだ自分は現役と考え、関係を迫るシニア男性もいるようです。
シニア女性はそのような目的で婚活をしている方はほとんどいないと考えましょう。
女性は趣味を一緒に楽しむなど、内面の充実を求めて婚活をしている方がほとんどです。

周りの声に惑わされないように

中高年の婚活について、周りが意見するケースも見受けられます。「絶対に良い」といって薦めて来る場合もあれば、「そんなこと考え直せ」と言う意見もあるでしょう。
どちらの意見も一理あるため、悩んでしまいがちですが、ここで自分自身は残りの人生をパートナーとどんなふうに過ごしたいのか、ご自分の考えをはっきりと持って婚活をしていくことが大切です。

各地域の最新婚活 パーティー情報一覧

  • 北海道地区
  • 東北地区
  • 関東地区
  • 東海地区
  • 近畿地区
  • 九州地区

スタッフブログ Staff Blog

2021/04/05
お悩み解決!
2021/03/20
素敵な出会い
2021/03/05
3月!!
2021/02/19
目標設定
2021/02/05
第二、第三の人生の為に